装飾左上 装飾右上 装飾左下 装飾右下

門司港駅について

Re:BORN-logo

〔現在、保存修理工事中の門司港駅について〕
1914年(大正3年)に門司駅(当時)として開業、1942年(昭和17年)に門司港駅と改称され、1988年(昭和63年)には鉄道駅舎として初めて国の重要文化財に指定されました。木造二階建ての駅舎はネオ・ルネサンス様式といい、左右対称の造りが特徴的で「門」を表現しているとも言われています。
今も現役で活躍する駅舎構内には九州鉄道の起点を表す「0哩(ゼロマイル)標」、門司港に帰り着いた引揚者や復員兵が安堵の思いで喉を潤した「帰り水」、戦時中の金属供出から逃れた「幸運の手水鉢」等、歴史のエピソードに飾られた見所が満載です。また駅舎の横には、関門連絡船就航当時に駅から桟橋までの約100mを結んでいた「関門連絡船通路跡」が残されています。

〔工事について〕
1914年(大正3年)に創建され、1988年(昭和63年)に鉄道駅として日本で初めて重要文化財に指定された門司港駅を、大正時代の姿に復原します。外壁は石貼り風にモルタルを塗り、屋根には天然の石盤を葺きます。さらに途中の時代で失われてしまった屋根まわりの飾りを復原します。昭和4年に設置された正面車寄せの庇は取り除き、創建時の姿を見て頂きます。
門司港駅のシンボルである大時計は、古新聞の調査から大正7年に取り付けられたことが明らかになりました。九州初の電気時計という歴史的価値を尊重し、今回新調することとしました。
関連サイト:門司港駅グランドオープン(JR九州)

門司港駅グランドオープン
記念事業実行委員会
について

門司港駅

地域のまちづくり団体、商店街、門司港で活動している大学、観光事業者、施設所有者(JR九州)及び行政などが委員となり、門司港駅のグランドオープンを記念したイベントを企画・実施するために設立されました。事務局は、地元のまちづくり団体がある「門司港レトロ倶楽部」が担い、官民一体となってイベント開催に取り組んでいます。

© 2019 門司港駅グランドオープン記念事業実行委員会